Category Archives: 音楽

ギターメンテからのゆるふわ演奏会へ

まだ若干気怠さは残るが、本日は先生主催の「ゆるふわ演奏会」があるので、その準備です。

とりあえず、本日は長年連れ添っているヤマハのセミアコで行こうと思い、弦交換&フレット磨きです。

20160507_031613828_iOS

ヤマハのAEX-500ですね、プログレの時に購入したギターですが、まだ持ってます。

セミアコっぽくもあり、だけどソリッドのようなボディの薄さもありで、アコギ弦でもエレキ弦でも、どちらでも行けるという両刀使いなギターで、大変便利。

ただ、もう10年以上も放置状態なので、フレットは錆びてはいないが、苔のようなものが発生してます。(それは錆だろうが)

20160507_032405555_iOS

ちょっと見苦しいし、ほとんどフレット磨きが目的化してる感じもしますが、それほどフレット磨きはビフォーアフターが明瞭なので、やってて楽しいという事もあり、やっちゃいます。

もう何度も行っているので、サクサクと。

20160507_032721079_iOS

マスキングして、グイグイ磨くこと約30分。

全フレットを磨き終わると、明らかにリフレッシュされて、ほとんど新品の輝きです。

20160507_035159456_iOS

でもって、指板はレモンオイルでフキフキ。

その後、ボディもフキフキしてあげます。

20160507_032355768_iOS

ほとんど使ってないためか、かなり状態は良いと思います。

とりあえず、今回もアコギ弦を張ります。

20160507_040831669_iOS

ピックアップも磨いたら、黄色いヤニのようなの(塗装?)が取れてしまった。うーむ…。

20160507_040836735_iOS

やはり、フレットがつるつるだとサスティーンがナイスな感じになりますね。

弦も新しいと、明らかに弾きやすい。

練習も楽しくなるってもんです。

で、しばしアドリブの練習など行い、嫁が仕事から帰ってきたタイミングで出発です。

 

そういえば、最近これ見てます。

かなりのボリュームで、まだ全てを見てはいないのですが、いま先生に習っている音楽理論的な部分と被る部分もあり、興味深く見ています。

ただ、最初の方はいいんだが途中から段々と内容が高度になっていって、オルタードスケールとかリディアン7thスケールとか、マイナースケールとか、その辺りから難解になってきて、睡魔に勝てません。

実際に弾いて耳と指で憶えないとですね。

これ、使いこなせるようになったらようやく中級を卒業できるのかなと思っております。

 

で、時間なので出発。会場は綱島です。

20160507_094917057_iOS

この看板がすでに「ゆるふわ」感をそこはかとなく醸しだしております。

ただ、店内に入ると、何か虎の穴的な空気がしていて、人でごった返しています。

先生の生徒さんなのか中学生くらいの女の子もいたりします。

 

で、おもむろに演奏会がスタート。

キーボード、ベース、ドラム、そして先生のギターがサポートしてくれて、曲ごとに演者が入れ替わるという感じで進みます。

私も、数曲参加しました。

 

皆さん、上手いですが、やはりこの場は緊張するんですかね。

普段、音たいむでバリバリ弾いている兄弟子のKさんも少しミスっていたようです。

まぁ、演奏した曲が先生の曲で、難しいという事もあるのでしょう。

しかし、なぜか私はそれほど緊張もせず、普通に弾くことが出来ました。

まぁ、あんまり大した事はしてないのでw

あとは、隣に先生がいるという安心感が大きいかも知れません。音たいむではこうは行かない…。

 

で、下は小学生から、上は…私よりも年上のベテランまで、いやー年齢層が幅広い。

曲もいろいろで、小学生がニルヴァーナの曲を弾いた時は、さすがに唸りました。

数年後はどんなギタリストになるのか楽しみですね。しかし凄い。

 

そして今日は、先生が事ある毎に言っていた言葉が身にしみました。

「上手くなりたいなら上手くなるという強い気持ちが無いとだめ。」

「基本・基礎が大事。」

ギターに限らず、ですね。

 

俺が「ジャズを弾ける」と言える日はいつなのか。まだまだ覚えることも身につけることも膨大に存在する。もっともっと練習しなくては。

でも、楽しんで続けていきますよ。

 

先生、今後共宜しくお願い致します。m(__)m

20160507_101629770_iOS

【使ってみた】iReal Pro

先日のレッスンで先生がオススメしていたんだが、アドリブの練習に役立ち、プロの人もコード進行を確認する時などにコッソリ使っているというアプリ。

「iReal Pro」

ってのを使ってみました。

とは言え、インストールして軽く使ってみただけなんで、徹底レビューとかは出来ないです。

 

とりあえず、先日のレッスンでAの3コードと、CM7とCm7の繰り返しを練習するように言われたので、延々とループさせようかと。

それだけなら安価なルーパーでも買えばいいんですが、このアプリは膨大な曲のデータがダウンロードできるらしく、いつか役立つだろうという期待があります。

しかも、最初から入っている曲を見てみたら、「Ballad」とか「Blues」とかの中に「Dominant 7 Workout」とか、完全に練習用のコード進行があったりして、おお!すごい!とw

20160401_233447000_iOS

 

曲を選択すると、以下のようなコード譜が表示されて、必要であれば複製や編集が可能。

20160401_233221000_iOS

しかもしかも、バッキングに合わせてコードの押さえ方が表示されます。

これはピアノとか、いろいろ表示方法が変えられるようで、便利w

しかも、コードブック的な機能もあって、すぐ調べたい時は便利かも。

20160401_234057000_iOS

 

フォーラムに登録すると、膨大な量の曲データがダウンロード可能。

とりあえず「Jazz 1300」ってのをダウンロードしてみたら、ブワー!っとマジで1300曲がダウンロードされたっぽい。

20160402_052211000_iOS

こりゃすごい。

ただ、コード進行だけで主旋律は流れないので、実際どんな曲なのかは分かりません。

 

エディットも感覚で出来ますw

基本、小節に対してコードを打ち込んでいくだけなので、記号の意味が分かってれば少し操作していれば、できるようになりますね。

20160401_233521000_iOS

当然、テンポやキーも変更可能。

繰り返し回数をエンドレスにするやりかたが、今のところ分からない。

あと、バッキングパターンも、いろいろ選択できるので、ジャズっぽく引きたいとか、ロックでとか、ボサノバでとか、気分によって変えられます。

で、とりあえずCM7とCm7の繰り返しで練習してみました。

20160401_233842000_iOS

 

単純に、CM7の時はCメジャー・スケール、Cm7の時はEbメジャー・スケール(Cマイナー・スケール)で、2小節ずつ切り替えて弾きます。

Cメジャー・スケールの構成音は「C D E F G A B」

Ebメジャー・スケールの構成音は「Eb F G Ab Bb C D」

なので、E→Eb、A→Ab、B→Bbが違っていて、コードが変わる時に、この音を強調してやると、アドリブにコード感が出るようです。

実際にやってみると、確かに面白いw

スケールをなぞってるだけでも、上手く聴こえますな。

しかし、実際の曲でCM7とCm7の繰り返しだけという事は無いので、アドリブを自由自在に弾けるようになるためには…。

曲中に出てくるコードに対して、この時はこのスケールが使えるとか考えながらやってるわけではないみたいなので、もう耳と身体が覚えてる感覚なのでしょう。

先生も、「耳が慣れてくると、指が勝手にそこに(コード感が出るようなスケールの音)行く」というような事を言ってました。

そこまで到達するのに、どれだけの時間がかかるのか…。

まぁ基本、楽しんでやれればいいよね。

ギターレッスン一回目

ギターレッスンに行ってきた。
武蔵新城の駅は初めて降りたが、それなりに栄えてますな。
商店街とかいい感じです。

テクテク歩いて、先生のマンションまで。
自宅で教えているとの事で、お邪魔します。

部屋に入ると、何本ものギターと、DTMなデスク。
ギターは、ほとんどギブソン、フェンダー。
たんこさんのビンテージギターコレクションとはちょっと違う感じのギター達が並んでおりました。

少しの雑談の後、早速レッスンが始まりました。
とりあえず弾いてみてとの事で、3コードでアドリブを。
思ったよりも弾けますねとの事で、スケール、コードの理論的な話を。
circle of 5thとか、久しぶりに聞きました。

3コードのアドリブは、今まで好き勝手に弾いてたんだけど、約束事があるという話で、そうなんだーと。
まぁ、相手が4バース弾いたら、自分も同じ4バースで返すとか、相手のフレーズを聴いて、フレーズで返すとかそういう話。

アドリブも、コードを意識して。
複数弦の小技も、単にコードの構成音を弾いてるだけとの事で、目からウロコ。

3コードで、キーがAの場合、最初はA7から始めるけど、その場合はAマイナーだけでなく、Aメジャーでもいけるし、クラプトンなどはメジャー・スケールから弾き始める事が多いとか。
というか、メジャーマイナー混在で弾いて良いのかと、これも目からウロコ。使い方は難しそうだが。
Aマイナーはスケール的にはCメジャーなので、A7はCキーの時のVI7として扱ってる的な。

なので、Aの3コードでCメジャースケールを使えるのはA7が鳴っている時だけ?

という事はD7の時はF#メジャーが使えて、E7の時はG#メジャーが使えるって事なのかな。

 

あとは、CM7 Cm7の繰り返しで、Cメジャー・スケールとCマイナー・スケールを切り替えながら弾く練習。

それにしても、ちゃんとアドリブが弾ける人は、曲の進行の中でスケール・コードを把握しながら、アドリブとして成立、そして感動させるようなメロディを考えながら弾いてるんですよね。
ちょっと想像できないくらいの脳内高速演算処理という感じがして、到底自分には出来そうにないんですが、先生はそれも練習で何とかなると言ってました。

仕事がちょっと忙しくなりそうで、それに伴ってか分かりませんが、ちょっとイラっとする事もあり、新年度はどうなることやらな始まりです。