どうしたら毎日続けられるのかという愚問


今年も富士山に登ろうと思っています。

毎年参加しているMt.富士ヒルクライムです。

今年は6/3との事なので、もう4ヶ月もありません。

参加するであろう人達は既に仕上げの段階か、いつでもイケるぜな状態まで持って行っていると思われますが、私といえば、まだ布団の中でグダグダとしていてローラーに乗るのも週に2回といった有様。

だって寒いんだもの、やっぱり朝やるとその後の仕事に響くし(かといって夜やるわけでもなく)結局通勤で走る程度で、また今日も走らなかった…というのを繰り返す日々。

いつになったらエンジンがかかるんだと思う、その度にLIVESTRONGさんのブログを思い出すのであります。

多分、私よりも年上でプロでもなくただの自転車好きな人だと思うのですが、思うのはただ一言。

「ハンパない。」

今日のブログを拝見して本当に思った。

「負けられない」

何度もコメントしたいと思うのだが、このブログは多分物凄い沢山の「本気な」自転車乗りが見ていると思うので、私のようなふざけたやる気しか無い自転車乗りが書きこむのは大変躊躇われる。ために書きこまずにせいぜいトラックバックさせてもらうだけだ。

 

雪の中のローラーを見て、まさかとは思ったが、マジでこの状況でやっているとは。

私など、エアコンもある室内でも寒いからと布団に戻る事数知れずなのに、逆に「雪が降りそうなくらいの環境が良い」というような事まで書いてある。

確かに、部屋の中で1時間もローラーを回していると体から湯気が立ち上るほどに汗をかくけど、私ならそうなるまでに確実に凍死しているかもしれない。

 

くそー、どうしたらここまでのヤル気を継続させる事ができるのだろう。

どんなに寒かろうが眠かろうが、起きて、乗る。

書くのは簡単だが、難しい。

 

練習部屋に、このブログをプリントアウトして壁に貼って萎えそうな時は読み返してヤル気を取り返すようにしたいと思います。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です