GWは山梨。富士山近辺は思いの外楽しい。


GWは富士山の方へ行っていた。

子供が通っていた幼稚園の山荘が河口湖の近くにあり、ホテルに泊まるよりも比較的安く泊まれるのでいつか行きたいと思っていたのだ。

本当は富士ヒルクライムのための下見を兼ねてGWに利用するという算段だったのだが、レースは参加できなくなったので、今年の富士山はこれで見納めかも知れない。

 

雨の中、東名高速道路を名古屋方面へ走るがGWとあってか、大渋滞。

1時間くらいかけて横浜町田までの10km程度を走り、こりゃダメだと道志みちからの道へ変更。

道志みちは大雨での通行止めが懸念されたが、全然大丈夫でスイスイ進めた。

 

山荘に付く前に時間ができたので「森の中水族館」へ突撃。

淡水魚だけという事で、それなりの規模なんだが、密度が高くて魚が間近で見れるので意外に面白かったです。

個人的にはもう少しボケーっと見ていたかったのだが、子供が即効で飽きたので退館。

 

夕方過ぎに山荘へ到着。

予約は我々家族だけで、ほぼ貸切状態。

部屋数はざっと見た感じで10くらいある規模なので、かなり開放的でしたw

但し、ホテル並みのサービスという感じではなく、布団を敷いたりはセルフ。

風呂もトイレも共同。(貸切状態だったので風呂は家族全員で入れた)

風呂は決めた時間のみ入れる。(朝風呂というのが無理)

ただ、そういうもんだと思ってしまえば何て事は無く、どうせホテルに泊まってもほとんどそこに居ることは無いので、あまり問題は無かった。

ただ自動販売機が無くて、水もお茶も無くなってしまった時は困った。

 

夜は外に出て、「MOOSE HILLS BURGER」でハンバーガーを食べた。

 

ハワイのビールをオススメされた。

 

アボガドとチーズを挟んだハンバーガー。

激ウマ。

 

子供たちにはチト量が多いと思ったが、案の定ほとんど私が処理する事に。

 

娘が注文。これもうまい。

 

ペットOKらしく、この日は他のお客さんは連れてなかったが、店の看板犬らしき犬が食事中に周りをうろつく。

動物が苦手な人は要注意だ。(私は猫アレルギー)

 

ボリュームがあるように見えるが、食べてみるとそうでもなく、サイドオーダーもいろいろいける。

つか、ハンバーガー自体が美味い。種類もいろいろあるのでここはまた来たいと思いました。

 

翌日は「なるさわ富士山博物館」へ。

鉱石を集めた博物館で、パワーストーンとか好きな家族なので楽しかった。

展示されている巨大な鉱石それぞれに値札がついていて、「こんなん誰が買うの?」と思わざるをえないが、値段が提示されている事で「ただの石」ではなくそれなりの価値があるんだとある意味わかりやすい展示でした。

それ以外にもアクセサリーとか充実していて、財布に100万円くらいお小遣いが入ってたら一つくらい買って帰りたかったが現実は娘に青い小石を買ってやっただけで次の場所へ移動した。

富士山の火山活動についての展示もあって、最近の地震活動や列島強靭化論の本とか読んでいたせいもあって、かなり興味深かった。

富士山を透明にして内部のマグマ構造を見せてくれる展示方法とか、意外に見ごたえアリ。

 

次は「ふじやまビール館」へ。

車なので飲めないが、とりあえず地ビールを買って帰りたいという事で寄りました。

入ってすぐに醸造?の容器がドーンと鎮座しているので「おお!」って感じがします。

ただ、飲めるわけでもないのでビールを購入して終わりです。

中にはレストランも併設されていて、ここで地ビールを飲むことができるが、車なので(ry

 

近くには「富士山レーダードーム館」がある。

中に入ることもできるが、あまり興味が湧かなかったのと雨が降ってきたので次へ向かう事にした。

 

次に向かったのは「赤富士ワインセラー」。

とりあえず試飲できるという事だけでいいのです。

入ると結構混雑していて、対応してくれる店員?もすごく親切。

あれこれと勧めてくるので、いろいろ買ってしまった。

 

ちょうど昼時になったので、名物のほうとうでも食べようという事になり、向かったのは「ほうとう不動 東恋路店」。

店舗外観が一際目立つ。

以前にもほうとうを食べた事があるが、それほど(ry…という印象。

で、ここはほうとうは一種類しかなくて、鍋で煮込んで出てくる。

とりあえず、量は多いです。

味もまぁまぁかな。

子供たちは美味しいと言っていました。(かなり残したけど)

私はこの半分の量で満腹ですね。

実際には子供が残した野菜とかも食べたので、この鍋1.5杯分くらい食べました。

腹が裂けるかと思いました。

 

次に向かったのは本日最後の目的地「河口湖猿まわし劇場」。

まずは外にいるお猿さんに餌ヤリ。

100円でカップに入った餌をあげることができる。

トングで挟んで手を伸ばすと、向こうも金網の間から手を伸ばしてくる。

このあと、猿廻しを観たが、予想を裏切る面白さで来てよかったと思いました。

帰りは出演したお猿さんと一緒に記念撮影なんかもできて、子供は喜んでいたようです。

芸を仕込まれて人間に拍手を浴びてたまに餌ももらえて、どんな気分なのだろうか。

ありきたりだが、考えてしまいます。

 

夜は近所のショッピングモールで寿司とか買い込んで山荘で食事。

買ってきたビールも飲まずに疲れきって寝てしまった。

 

翌日起きてみると、部屋の窓から綺麗に富士山が見えた。

富士山の部分だけ微妙に都合よく木が低くなっているが、そもそもこの山荘は幼稚園児が保育の一環で泊まる場所なため、園児たちに富士山が良く見えるようにと職員の人だかが命がけで切ってくれたらしい。

頭が下がります。

 

しかしこうして富士山を見ると、また後悔の念が沸き起こってくる。

富士ヒルクライム出たかったなぁ。

 

今回、いろいろ調べて車で走り回って分かったが、結構富士山近辺は遊ぶ場所が沢山ある。

子供がもう少し大きくなれば、体験系の遊びも連れていきたい。

究極は富士登山だけど。

 

子供を連れてくるならディズニーランドなんかより、断然「山梨」だわ。

来年も来よう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です