【読んでみた】いい訳しない生き方。

Pocket

キャンプするようになって、GARVYとか雑誌を買って読むようになって、時々著者が登場するので気になっていた。

で、いつの間にか大好きな芸能人になっていましたw

この本は、自伝的な感じで思い浮かんだ事を書き留めた感じなんだけど、正直言って私は「10年の空白期間」とかにはあまり興味が無い。

この人の「難しい事考えないで人生楽しもう!」みたいな所が、もう40歳を超えた私のようなオヤジには響くんですよね。

でも、ただ単に言っているだけじゃなくて、その裏にはそこに至った苦労とか苦悩が垣間見えるので、共感できてしまう。

大きな怪我をしたり、芸能界から実業家へ転身したりする中で得てきた著者の人生観は、やはり読んでいて深く頷けるものがあります。

 

でも、本当はこういう自伝的なものじゃなく、「遊び」について書かれた本が読みたいんですよ。

著者の「遊び哲学」みたいなのが、本当好きなんで。

他にも、所ジョージとか哀川翔とかいるんだけれども、著者の違う所は、一人で遊ぶのがメインって所だろうか。

本の中でも触れているが、トライアスロンの大会に出るのも普通はチームに所属して参加したりするが、著者はあえて単独で参加するそうな。

すげー分かる(T_T)

 

まぁ、私のようなぼっちとは異なり、著者の場合はあえて避けているのだと思うが、この「群れたくない」という感じがものすごく好感が持てるんですよ。

釣りも一人、キャンプも一人。

だけど仲間は沢山いる。

なんというリア充っぷり…。

単純に、純粋に、憧れます。

カッコエエ…。

 

私もこんな大人の男になりたいと、心から思わせてくれる一冊です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です