iqosに愛想が尽きたので電子タバコにトライ


蓋をロックする爪が馬鹿になって以来、ストレスフルな使用感で評判なiqosでしたが、仙台限定の新商品が発売されただとか、未だに品薄状態が続いてヤフオクが大盛況とかの状況を見ていて、

本当に使いたくなくなってきた

ので、代わりになるようなもの無いかなぁと、さすがに仕事中とか口寂しいので探していたら、あの電子タバコが今や「VAPE」(ベイプ?)と呼ばれて人気らしい。

値段とかも、一式揃えると初期投資として1万円ほどかかるが、

そもそもiqosがそれくらいの値段なので

躊躇なく購入に踏み切りました。

あと、音たいむに来ている常連のお客さんが以前吸っていて、その爆煙具合に軽く衝撃を受けた記憶も影響している。

なんだか面白そうだなと。

 

で、youtubeなんかでいろいろ見ていたんだが、もう種類が多くて選択に困ります。

それほど市場が成熟しているという事なのかも知れません。

とりあえずiqosで「携帯性を犠牲にする」「充電が必要」というのは慣れているつもりなので、小型・筒状でなくてもいいかなと。

で、選んだのが

Eleaf iStick pico

というやつでした。

MODとかアトマイザーとか専門用語が最初分からなかった。

とりあえずいろいろ買い揃える必要があるみたいで、タバコとライターを買えばとりあえず吸える煙草とは全く異なる嗜好品ですな。

 

私が購入したのは、バッテリーやアトマイザー、リキッドが揃ってるセットで、8000円くらいでした。

とりあえず届いたパッケージは、iphoneからの流れをくむ、昨今よくある形状の箱。

20170106_111819325_iOS

開けると、本体とアトマイザー。

何か高級なジッポライターな雰囲気。

20170106_111849101_iOS

で、その下にはUSBケーブルや説明書など。

20170106_111859533_iOS

あとは、バッテリー。

20170106_112018739_iOS

この他におまけでリキッドが8本付いてきました。

とりあえず、セットしてメンソールのリキッドを注入してセッティングとか何もせずに吸入。

 

キツすぎてむせかえる。

 

iqosに慣れたせいか、いや、タバコのメンソールとか比較にならない感じのキツさ。

ちょっとこれは全力で吸うことは無理。

少しだけ口に含んで吐き出す感じで十分なメントール感。

youtubeとかで見てた爆煙とは程遠いなぁ、やはり高級なアトマイザーを買わないと駄目なのかなと思いました。

 

で、この電子タバコってやつは、アトマイザーにリキッドを注入して、それを吸い上げて電熱線のようなコイルで気化させる感じなので、

「次はこの味にしてみようかなぁ。」

という気軽な感じで、テイストチェンジできません。

とりあえず注入したリキッドを全て吸い尽くす必要があります。もしくは新しいアトマイザー買うか。

なので、根性で注入してしまったメンソールを消化。ゴホゴホ。

 

次はぶどうの絵が書かれた、グレープなフレーバーにチャレンジしてみたが、これが程よいメンソールとぶどうの風味で、ナイスな感じ。

「うまい!」

とまでは行きませんが、少なくともiqosよりは普通に美味しいと感じます。あの煮物のような焼き芋のような独特の匂いとか無いしね。

つか逆に、これって俺の口の匂いがひょっとして素敵な事になってんじゃね?

と錯覚するような匂いです。

 

家人が不在の時に、家の至る所で吸ってみたんですが、帰宅しても誰も気づいていない様子。

うーん、これは素敵なアイテムかも…。

ニコチンは含まれていないけど、「あー、やっぱiqos吸いたいわー。」的な飢餓感もありません。

 

そしてこのぶどうフレーバー、メントール感が薄れた事で、思い切り吸い込むことが可能になり、吐き出される煙(水蒸気)の量が笑えるくらいのモクモク感w

爆煙とまでは行かないけど、普通のタバコとは比較にならない煙の量で、なんだかそれだけで満足してしまうw

 

いま思うと、あのタールやニコチンの味を美味いと感じていたのって、何だったのかなぁと。

焼肉とか中華とかの後に吸う一服がたまらなく美味かったんだけど、今はもう「おえぇぇ…くっそマズ。」って感じしかしない。

 

そうそう、あと気になったのが健康面への影響なのですが、とりあえずニコチンフリーなリキッドで普通に流通しているものなら、特に影響は無いようです。
※それでも国産のものが良いに越したことはないみたい

ただ、この電子タバコ自体の歴史が浅いので、これからどうなるかというのは分かりません。

普通のタバコよりも身体に悪いという説もあるようだけど、グリセリンの蒸気を吸い込むのがダメとなったら、アレもコレもダメって事になるけど…といういつものパターン。

まぁ、たしなむ程度に吸い込むなら特段の悪影響は無いと思います。

あ、咽るのは身体に良くないかなぁ。なのでメンソールはやめておこう。

 

iqosと違って、意味不明な吸い込み回数制限とか、時間制限とか無いし、充電残量さえ気にしていれば好きな時に好きなだけ吸えます。

リキッドは1本1000円とかするけど、これでどれだけもつかな?


※関係ないけど名前が某キャンプ用品メーカーみたいで草でした

多分、これで1週間以上はもちそうなので、iqosと比較しても経済的なメリットも増します。

そして、リキッドは混ぜてしまっても(味も混ざるが)全然問題ないようなので、いろいろと試行錯誤できるのも楽しそう。

アトマイザーもいいヤツとかは味も良くなったり、煙の質や量も変わったりするみたいなので、ガジェット的な楽しみ方もあるみたい。

さすがに、煙をいろんな形に吐き出して、それを競うような事は興味無いですが。

 

えー、ちょっといい事ずくめな感じだが、デメリットは…今のところ特に無いかなぁ。

あー、何か持ち運ぶのにケースが欲しいなぁ…。

あとは、子供が間違って吸ってしまわないかとか、いい匂いがするって言って吸いたいと言い出さないかとか。その程度か。

 

総合的には、初期投資がちょっとかかるけど良い買い物でした。

今後何ヶ月か使ってみて、またレビューしたいと思います。

20170108_141646389_iOS

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です