【買ってみた】strandberg BODEN OS6


たんこさんが先日の東京出張で購入した67CASINOに触発され、俺も新しいギター欲しいなぁ欲しいなぁと思ってたら、いつの間にか買ってしまいました。

strandberg BODEN OS6

20160616_033322108_iOS

音たいむに行く機会が出来て、レッスンにも行くようになって、ギターを担いで歩く機会が増えて、思うようになったのが

お、重い。

って事です。おかしいなぁ…以前は全然そんな事思わなかったのに…。

ギターも普通のギターだし、ソフトケースだし、エフェクター満載ってわけでもないんだが、肩にめり込むのが苦痛になり始めたので、なんとか軽いギターを…と探しておりました。

IbanezのSシリーズとか、2kg台のものもあるんですが、

  • ヘッドの形があまり好きじゃない
  • どうせなら、重さだけじゃなく大きさも小さくならないか

という感じで、順当にいってSteinbergerですわな。

金無いし、練習用だし、最初はこれでいいかなと思ってた。

ただ、このタイプだとダブルポールエンドな専用弦が必要になってしまって、普通の弦を使えるようにするために、数千円もするストリングアダプターとかいうものを買う必要があるとの糞仕様。

そのため、これがいいかなと思ったんですが。

渋谷のイケベで試奏してみたら、予想外にネックが太くて断念。

この時点で予算の概念がどこかへ旅立ちました。

いつもの流れです。

 

で、たまたまヘッドレスの流れで見つけたstrandbergのギターにロックオン。

とにかく軽い。OS6(6弦ギター)は2kgとか。

ただ、フレットやネックが特殊で、それだけが気がかりだった。

ネット上の評判では、うーむ…賛否が分かれている感じ。

で、これも渋谷のKEYで試奏してみたんですが、思ったほど違和感が無かった。

ただ、お値段が…。

 

本国生産モデル、日本生産、韓国生産とあって、順番に値段が下がっていく感じだが、一番安い韓国生産モデルでも、お値段24万円ほど。

あー無理だなぁと思ってたら、ヤフオクで頻繁に出品されるのを発見して、1か月ほどウォッチしていました。

で、たまたま「値引き交渉可」の出品があったので、

「この値段は無理かなぁ、無理だろうなぁ。」

という金額で交渉ボタンを押したところ、

「あなたが落札しました。」

というメールが。

やってしまいました。

 

というわけで、今後数か月は金欠状態が続くと思われますが、まぁ買ってしまったものは仕方がありません。

20160616_033358887_iOS

そこそこ傷もありますが、概ね状態は良い感じ。

音についての評価は…まぁこんなもんですかね。という感じで、正直それほど重視してないので気にしてませんw

ヘッドが無いため、弾いている最中に重さでヘッド側が下がってくるといったような弾きにくさも無い。

ZO-3とかの小さいだけのギターは相対的にヘッドが重くなってしまって、弾きにくいんですよね。

これはとにかく軽くて小さくていいです。

これからの猛暑。ギター担いで出かけるのも楽になるでしょう。

実際、付属のケースも担ぎやすくて楽ちんです。

 

で。バンドやってるわけでもないのに、なんでこれほどギターにのめり込んでいるのか。

大人になって、そろそろ「jazzをかっこよく弾けるようになりたい!」という悲願もあるのですが、そのほかの理由の一つが、来月開催されるコレ。

13410752_1035633719818036_735257696_o

なんか、叫んでいる人がいますが、バリバリのドラマーですw

一堂に会して行われる年に一度の演奏会だそうですが、写真のGさんが既にイベントの顔になっているという人気者っぷりに、

軽く嫉妬w

 

皆さん、いろいろと準備してやるみたいで、あー俺どうしようという感じ。

しかも、先生も来られるとの事で、中途半端な演奏は出来ないという巨大なプレッシャーで吐きそうです。

本当はオサレなjazzとか出来れば最高なんですが、今はまだそんな腕も無く、とりあえず無難なミスチルの弾き語りになりそうです。

 

今気づいたが、弾き語りやるんだったら、軽いエレキギターとか買わなくても、すでに持ってるサイレントギターで良かったんじゃね?と…。

_| ̄|○

 

さて、昔買ったギター、そろそろ処分しないとなー。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です