一つをやりぬく(2000/04/03)

Pocket

私の住んでいる大田区蒲田は呆れるほどハトとカラスが生息している。

特に駅前はいらつくほど飛びかっているのである。

住んでいるマンションが本当に駅の近くなので、朝ともなると
どこからかやって来て、窓の縁で「クルックークルックー」と鳴くのである。

一方、カラスは周辺の飲み屋から出た、ビニールに入った残飯を数十羽の群れを
なして貪っている。夏などはネズミの死骸を道の真ん中で突付いている始末。

清々しい朝なのにまるでゴーストタウンである。

朝だけではない、私が仕事から帰ってくるとベランダに我が物顔で
鎮座しているハトがいる。いるだけなら良いのだが、むかつくことに
てんこ盛りの糞を置いて行くのである。

おかげで私はベランダに出たことが無い。その通り、私はハトが大嫌い!!

駅前で日曜日とかにパンの耳を我が物顔でばらまいて、寄ってくるハトを見て
喜んでいる人間を見ると本当に腹が立ってくる。

食料事情が良いのか、去年はベランダに巣を作り、卵まで生む始末。

結局、孵ることはなく、卵に触れる勇気の無い私はいつか砂となって
風に吹かれて消えてなくなるのを待つのみである。

それにしても、朝、目覚ましの音より先にハトの鳴き声で起きるってのは
本当に気分の悪いもんだね。

皆さん、部屋を探すときは家賃や便利さだけで選ばないようにした方が
良いですよ。(ここは寮だけど)


とっくに気付いてると思うけど、タイトルと本文には全然関連はありません。

あしからず。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です