【備忘録】python+AWS SESでメール送信

Posted by yonezo in 日記 | Leave a comment
Pocket

タイトル通り、pythonでSESからメール送信してみました。

今回は既に運用中のAWSアカウントにて設定したので、セットアップとかは省略。また、送信先については固定で1つだけなので制限解除申請などはしてません。

手順としては、

1.SES側での送信先メールアドレス認証作業

2.AMIで認証情報作成

3.python実装

という感じ。

SES側での送信先メールアドレス認証作業

登録と検証を行わずに送信しようとするとエラーに。

Email address is not verified. The following identities failed the check in region US-WEST-2:[送信先メールアドレス]

とりあえず、SESの画面から送信先を登録。

検証メールを送信してメール内のURLをクリックするだけで完了。簡単。

AMIで認証情報作成

こちらも既存のユーザーに認証情報タブからアクセスキーの作成を実行して保存。簡単。

python実装

いろいろやり方はあると思いますが、とりあえず公式のやり方が無難だろうという事で、こちらを参考。

https://docs.aws.amazon.com/ses/latest/dg/send-email-raw.html

なぜかアクセスキーとかセットする部分が無かったので、このままだとエラーに。

botocore.exceptions.NoCredentialsError: Unable to locate credentials

なので、

client = boto3.client(‘ses’,region_name=AWS_REGION)

この部分を

client = boto3.client(‘ses’,region_name=AWS_REGION,
                aws_access_key_id=AWS_ACCESS_KEY,
                aws_secret_access_key=AWS_SECRET_KEY)
 
のようにしました。
 
ファイルも添付できて良きですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。